9 / 23 【重要】2段階認証(メール認証)の導入開始に関して

Filecoin(ファイルコイン)とは

基本情報

Filecoin(ファイルコイン)とは何か?

Filecoin(ファイルコイン)は現在投資家が最も注目している暗号通貨で、Bitcoinを超える可能性がある唯一の暗号通貨と期待されているIPFSを介した仮想通貨です。

そのポテンシャルと可能性はすでにEthereumを超えており、Bitcoinに次ぐ価値があると評価されています。
今後5年間は、その価値が上昇傾向にあり、2025年の価格は現在の4〜5倍相当となる$125〜$145近辺と予測されています。

誕生までの歴史と背景

Filecoin(ファイルコイン)登場の背景

01

IPFS技術への世界的な需要

世界的なデータ資源の飽和危機

現代の急速なIT化社会において、世界中のデータ量は増加の一途をたどり、データをしまう場所はなくなって来ています。

さらに、来年からデータ量の増加速度は一気に高まり、キャパシティは世界的に飽和状態となります。

このような状況を打破できる方法はないのか?といった声に対し、”http”に変わり「分散型データ保有」を可能とし、「負荷分散」「耐障害性」を持つ次世代型のコンテンツ指向型プロトコル”IPFS”への期待が高まっていきました。

そして、そのIPFSを介してやり取りされる暗号通貨が「Filecoin」であり、それを使った分散型ストレージの仕組み全体も同じく「Filecoin」と呼称されています。

02

個人情報やデータ流出を解決

今や世界中のデータが漏洩していて、プライバシーは無くなってきています。
大企業が続々とサイバー攻撃を受け個人情報の流出危機にさらされ、早急な解決策が長年求められてきました。

そうした中、「耐改ざん性」、「耐検閲性」をもつIPFS技術が登場し、一気に注目を集めるようになりました。
IPFS/Filecoinは個人情報の危機に対しても有効な対策として認知されるようになったのです。

  1. 飽和するデータ保管場所(ストレージ)への対策
  2. 個人情報などの情報流出危機の回避
  3. 爆発するデータ保管場所と個人情報を守る為に Filecoin は生まれました。

概要説明

Filecoin(ファイルコイン)概要

Filecoinを知る上で、まずはIPFSについて知らなければなりません。

IPFS(Interplanetary File System)とは、Protocol Labs社のJuan Benet氏が考案したHTTPに代わる分散型のインターネットファイルシステムです。

簡単に言うと、IPFSはインターネットをHTTPからP2P方式に切り替えようというものです。
その仕組みはいたってシンプルで個人のパソコンやスマホの空き容量を提供してもらい、巨大なネットワークを構築しようという一大プロジェクトです。

このネットワーク参加者に与えられる報酬レイヤーがFilecoinです。

Protocol Labs Inc.概要

分散型ストレージ技術IPFSを開発したProtocol Labs, Inc.は、スタンフォード大学でコンピューターサイエンスを専攻したJuan Benet氏によって2014年5月に創業。
YcombinatorやAngelList の創業者から出資(エクイティ)を受けています。

マイニングについて

Filecoinマイニングの仕組み

FilecoinマイニングにはProtocol Labsが発行するマイニングの流れとFilecoinをストレージとして活用する法人・個人のIDC利用報酬の流れがあります。
このIDCとしての機能を提供できるマイナーはFilecoin獲得の機会が多くなります。

「The FIL」 Filecoin(ファイルコイン)マイニング
タイトルとURLをコピーしました