9 / 23 【重要】2段階認証(メール認証)の導入開始に関して

IPFSとは

コンテンツ指向型プロトコル

「IPFS」とは何なのか?
特徴とメリット

IPFS(Interplanetary File System)とは、Protocol Labs社のJuan Benet氏が考案したとてもオープンな技術で、HTTPに代わる分散型のインターネットファイルシステムです。

01

HTTP

今までの中央集権型ネットワーク

管理がしやすい反面、センターサーバーの機能が停止するとネットワーク上のサービス全てが停止。

情報改ざん、情報漏洩しやすいデメリットがある。

02

IPFS

これからの分散型型ネットワーク

HTTPとは違い、分散型ストレージによる保存形式のため情報改ざん、情報漏洩が出来ない。

低コストでデータ保存ができる。
HTTPに比べて、はるかにメリットが大きい

簡単に言うと、IPFSはインターネットをHTTPからP2P方式に切り替えようというものであり、この技術を世界中の人に開放するプロジェクトがFilecoinです。

Filecoinは個人のパソコン、スマホの空き容量を繋ぎ、世界規模のストレージを創ることを目的に2017年にスタートしました。

この3年間で構想は商用利用まで拡大し、Web3.0のインフラへと成長しています。

将来的な価値と展望

IPFS/Filecoinへの期待

下記の3つが重なった時、IPFSはWeb3.0のプラットフォームとなります。

セキュリティの向上

IPFSによるデータの分散化によりデータ管理を行う企業

新事業の創出

Filecoinをサーバとして活用する新たなサービスを立ち上げる企業が多数生まれる

管理コストの削減

Filecoinをストレージとして活用することでサーバなどのコスト削減をしたい企業

「The FIL」 Filecoin(ファイルコイン)マイニング
タイトルとURLをコピーしました